結婚指輪でシンプルなデザインを選ぶメリット

普段使いという言葉がありますが、結婚指輪はまさに普段使いのためのものです。もちろん指輪をしていない人もいますが、そこは人それぞれではあります。日常生活を送る上で、大きな宝石や装飾を付けて動くことで、いろいろなものを傷つける可能性もありますし、宝石自体も傷つきます。非常に硬度の高いとされているダイヤモンドですが、実は金槌で叩けば割れることもあります。これは硬度と靱性が関係しており、硬度とはこすり合わせた時にどちらが傷つくのかという力の強さであり、人生は叩き割った時にどちらが割れるのかという力です。ダイヤモンドの硬度は10と高い値ですが、靱性は7.5と低くはないですが、一番高い値では無いのです。その上ダイヤモンドを構成する物質である炭素は配列の条件から衝撃を受けた時の条件によっては弱い物質になる時があります。

シンプルは安くデザイン性が低いではない結婚指輪

結婚指輪として最もメジャーなダイヤモンドは非常に硬く周りのものを傷つける可能性があり、条件によってはダイヤ自体が欠けるのでは大きな宝石を日常生活で付けているのは割と危険です。これはルビーやサファイヤなどダイヤモンドよりも高い靱性をもつ宝石でも同様です。宝石はリングに埋め込まれているタイプ、もしくはリング自体にデザイン性を持たせるが基本的にはシンプルなものが、日常生活に邪魔になりにくく適度にオシャレなものとなります。いくらリングの金属部分のみの指輪とはいえ、ゴテゴテと装飾されれば、ナックルダスター簡易版になりかねないからです。ただシンプルだから安いというわけではない点は気を付けてほしいです。一見シンプルなものでも材質やデザインによっては非常に高額になります。シンプルな中にデザイン性を持たせるということは、非常に高度なテクニックなのです。

結婚指輪を自分でデザインすることもできる

日頃からファッションや装飾品に興味が強い方や、結婚指輪に憧れを持っている方であれば詳しい方は多いですが、種類やお店によっての特徴、自分でデザインしたものを作ってもらえる工房などさまざまな所で購入することができます。オーダーは高額というイメージがありますが、それはデザインや素材次第というところが大きいです。また自分の理想はあるけれどデザインができないという方は、デザイナーの方が話を聞きながらデザインを形にしてくれます。またカスタムという方法もあります。これは通常のお店でも行われています。店頭にある商品をそのまま購入して持って帰る指輪もありますが、結婚指輪に関してはほとんどがある程度直しの時間を必要とします。理想の物がみつからないという方はフルオーダーのお店を探すことも視野にいれてほしいです。