サイズ直しが可能な結婚指輪が人気の理由

婚約成立やプロポーズの時に渡すのが婚約指輪(エンゲージリング)です。婚約指輪は古代ローマ時代から続いていると言われています。婚約指輪の意味は男性の永遠に変わらない愛を表現しています。婚約指輪で石がはめ込まれているのは魔除けになり幸福を呼んでくれるそうです。彼女の誕生石を贈るのもお薦めです。中でも絶大な人気を誇るのはダイヤモンドです。ダイヤモンドは宝石の中で最も硬さと透明度があるので、男性側の愛の固さを表現しているとも言われます。婚約指輪は普段使いはせずに箱に入れてしまっておく人も多いですが、最近では結婚指輪(マリッジリング)と一緒に重ね付けする人も増えてきています。男性側からのサプライズで婚約指輪を贈られるのも勿論喜ばしい事ですが、彼女の好みやデザインを考慮しながら一緒に婚約指輪選びに行くカップルが増えています。

結婚が決まったら婚約指輪選びを始めましょう

エンゲージリングは婚約の証となり、男性側から女性に贈るものです。マリッジリングは結婚の証として、二人で選んで購入するのが一般的でしょう。昔は、婚約指輪はサプライズでプレゼントして給料3ヶ月分の価格だと言われていましたが、最近の相場としては、婚約指輪の平均価格36万5000円、結婚指輪の平均価格は12万2000円(2人分だと24万4000円)だそうです。最近の相場としては、給料1ヶ月分位です。指輪の意味を理解して大切に選びましょう。指輪の下見に行くお店は平均3軒回るようなので男性側としては忍耐力が必要になりそうです。女性からすると一生に一度の婚約指輪と結婚指輪なのでじっくりと時間をかけて選びたいものです。その時間も2人で幸せを噛みしめながら過ごせると良いですね。

購入後の指輪のメンテナンスは必要です

結婚指輪は日常につけているものなので指輪のサイズに違和感を覚えたりしますが、婚約指輪はとっておきの時しかつけない事が多いので指輪のサイズが変わっていることに気づくのが遅れる傾向にあるようです。いざつけようとした時にサイズが変わっていて、つけられないとならないように常日頃からチェックしましょう。結婚記念日や婚約指輪を贈ってもらった記念日等の節目の時に、箱にしまっている指輪を出してつけてみるのがお薦めです。指輪を贈ってもらった喜びの気持ちや幸せな気持ちを思い出せます。指輪の購入店で指輪のメンテナンス(サイズ直し、クリーニング、小傷取り、石のゆるみチェック)をしてもらえる所も多いので、購入時に確認しておきましょう。長年に渡ってつける指輪だからこそ、メンテナンスは不可欠です。