指に似合う結婚指輪のフォルムの選び方

二人を繋ぐ象徴としての結婚指輪ですが、買い替えが効かないアイテムなので選ぶのにも気を使いますし、慎重にもなります。価格は元より、長く身につけるアイテムのひとつになりますので、年代やシチュエーションに気を使わなくてよいデザインや、その品質にもこだわりたいものです。手の質感は年代によって変化しますが、指の長さは変わらないものです。ご自身の指の長さや関節の太さなどを考慮し、手元を綺麗に演出できるデザインを選びましょう。指輪のフォルムに動きのあるものなら「指が太い・短い」といったお悩みがある方はデザインによる効果で指先を美しく見せることも可能ですし、気に病むところが特になければストレートタイプの指輪でも石のついたデザイン性の高い指輪でもよいでしょう。様々なブランドから幸せな手元を演出する結婚指輪が紹介されています。指の形で似合うデザインも変化します。プロ(販売員)の意見も参考に選んでみましょう。

結婚指輪は誰のためにあるもの?

「結婚」や「指輪」といったキーワードから連想される人物として、大半の方が「花嫁」つまり女性のほうを連想するのではないでしょうか。ですが結婚指輪は夫婦としての証や絆の象徴として身につけるものです。花嫁だけ、もしくは花婿だけの意見を尊重するような選び方は避けたいものです。日ごろからアクセサリーのひとつとして指輪を身につけている人なら、結婚指輪も違和感なくつけることができると思いますが、あなたのパートナーが「アクセサリーをつけることが苦手で腕時計すら身につけたことがない人」であった場合、結婚指輪といえども自分の身体の一部と思えるようになるまでソワソワして仕方ないでしょう。身につけるお二人が納得いくまで検討し選ぶことにより、永く仲良く身につけることのできる指輪になると思います。

既成概念にとらわれずに結婚指輪を選ぶ

幸せの証、ふたりの絆を結ぶ象徴としての結婚指輪ですが、必ずしも同じデザインや素材に統一しないと結婚指輪として成り立たないものではありません。時代とともに結婚の在り方や意識の変化も出てきています。結婚しても夫婦別姓でいたいと考えるカップルや、入籍せず事実婚といったスタイルをとる人たちも出てきています。指輪に対する考えも同じで「なくてもよい」と考える人も少なくないようです。ですが「絶対」ではなく実際は「ないと寂しいかも」と、思う気持ちのほうが強いようです。ペアリングとしての結婚指輪ではなく、デザインや素材が違ってもふたりだけにわかる指輪にするなど、自由度の高い個性的な結婚指輪にしているカップルもいます。婚約指輪と結婚指輪を兼ねたリングもあったりしますので、ふたりにとってベストな繋がりを感じることができる結婚指輪を選んでください。